toggle
2018-04-26

お花の瞑想

少し前になりますが、お誕生日に頂いたお花を、曼荼羅にしました。

お花を使った瞑想は、私が先生から教わった、大事な大事なワークです。

このワークは、毎回たくさん自分と向き合うことになります。

今までは、全ての素材を生かしたいという気持ちが強すぎて、曼荼羅自体が調和がとれないことが多かったから、今回はとにかく曼荼羅の調和を大切にし、1つ1つの選択をしていきました。

出来た曼荼羅は、確かに今までで一番調和がとれていた。

でも上手に作るこばかりに気を取られて作った曼荼羅を見てると、何だか自分の氣持ちが抜けてしまって、いまいち愛おしいく思えない感じがして、、、。

せっかくお花の命を頂いて作ったのに、こんな気持ちになるなんて、、、、と少し凹んだ。

最後に、私のために命を捧げてくれた、お花に感謝の心を込めて、mantraを唱えました。

氣がすむまでmantraを唱えて、目を開けたら、さっきまで少し悲しい氣持ちで見つめていたお花の曼荼羅が、とても愛おしいものに感じたんだ

そうか。
大切なものだから、大切に扱うのではなく、
大切に扱うから、大切なものになるのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

以前に、ネパールに行った時のことを思い出した。

まだヨガを今ほど真剣にやっていなくて、スピリチュアルなものに、疑いや嫌悪が強かった頃。

ネパールの人たちは、私たちが空気があるのが当たり前だと思っているように、神様がいるのが当たり前で、日々感謝と祈りを捧げて、暮らしていた。

あまりにも当たり前に、神様とともに生きる人たちがつくる空間では、信仰心が無い私でも、「神様がいるなあ」と感じたんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はいまヨガを通じて、自分を生かしてくれている何らかの力に、感謝すること、祈ること、委ねることを学んでいる。

その心の在り方は、確かに私に強さと優しさを与えてくれる。

神様とは?
祈るとは?

それは、未だによくわからない。

だけど、、、。

だからこそ、私はその行いを大切にしようとする。

私の周りが、大切なもので溢れるように。

 

 

鈴木伸枝スケジュール情報

 

関連記事