toggle
2018-01-20

1/20 yoga theory lesson レポート

今日はtheory yoga lesson開催日でした。

学んで動く2時間レッスン

今日の質問は

・腰の痛み

・股関節の柔軟性の左右差

・膝の痛み

でした。

腰の痛み、股関節の柔軟性の左右差に関しては、関連部位をマッサージして改善していくという、沖ヨガメソッドをご紹介しました。

膝が痛みには、まずニーイン(膝が内側に入り負担がかかる動作)していなかをチェック。

8割の方がニーインの動作が確認できたので、動作修正のためのエクササイズを入れていきました。

これは体の使い方の癖の修正になるので、一朝一夕で改善するものではないので、時間をかけて意識していきたいですね。

身体を確認させて頂いたら、太ももの前側がとてま張っていたので、それも膝が痛い理由の1つの可能性があったので、ペアワークでマッサージしました。

太ももの前が張っている人は、太ももの裏を使えていないことが多いので、太ももの裏を使う身体の使い方の実習も行いました。

痛みの原因は、一概にこうとは決めることが出来ないので、触ってみて前後の体の変化を確認して、原因を絞っていきます。

大体の場合は原因は1つではなく、複数の要因が重なっています。

解剖学の知識をもとに仮説をたてていきますが、そこからどんな動きが自分を快適へと向かわせるのかは、自分の感覚が頼りになります。

自分を知ることで、自分で不具合のでない体へ自分が導くことが出来ます。

何をやったらどんな変化が出るのか。

動きながら体に耳を傾けててくと、自分に今何が必要なのかを知ることができます。

その感度は、回数を重ねることで増していきます。そして集中力も増していきます。

身体を動かすだけでもエクササイズの効果は出ますが、ヨガの智慧はもっともっと深いのです。

せっかくヨガをやるのであれば、なんなとなく身体を動かすのではなく、意識を自分に向けて、自分を知っていく時間にして頂きたいです。

次回は2/24(水)19:30~21:30

まだ残席ありますので、お時間ある方、ヨガをしっかり学びたい方は、是非お越し下さいませ。

https://nobuestyle.official.ec/

写真は「今の感じを表現して」での1枚です。

人それぞれでいーかんじ。

皆様のヨガの時間が、自分と仲良くなる優しい時間となりますように。

関連記事