toggle
2018-06-15

龍村ヨガの学び

龍村式呼吸法&ヨガ健康インストラクター養成コースを修了しました。

龍村先生は、私が生まれる前からヨガ指導者として、活動されています。

今回の学びは、龍村先生の師匠である沖正弘先生の沖ヨガの教えに、さらに龍村先生の経験に基づく知恵を加えた内容です。

1995年の悲惨な事件の後、ヨガは物凄いマイナスイメージがつき、日本のヨガは1度衰退しました。

時を経て、アメリカからの流れで、エクササイズ色の濃いかたちで日本でも再認知され、多くの人が触れる機会の多いものになりました。

マイナスイメージが払拭されたことは、とても喜ばしいことですが、ヨガの教えの中で最もジューシーで旨味のある(笑)精神的な部分はごっそり省かれてしまいました。

日本にヨガが初めて伝えられたのは、奈良時代だそうです。

奈良時代から日本を土壌とし、日本人の体や文化、感性に合ったヨガが発展してきました。

そんな日本で発展したヨガを伝え続けている、龍村先生。

日本人の感覚に合った言葉で伝えられるヨガ哲学は、今までよりずっと身近で、普段の生活の中で感じたり意識できるものとして、私の中にスッと入ってきました。

この講座を受けて、より生活そのものをヨガとして捉えるようになりました。

「生命即神」
神とは即ち命である。
とても明快な答え。

私の中にも神がいて
他者の中にも神がいて
動物の中にも、植物の中にも神がいる。
紙やペンなどの物質的な物も、もとは命あるものを材料に姿を変えたもの。つまり神さまから生まれたもの。

全てのものに、神を見出す練習。

人にも物にも、自分に喜びを与える経験にも、苦しみを与える経験にも。

それがイーシュワラプラニダーナ。

ヨガは神と自分とを繋げること。

でもそれは単なるスピリチュアル的な話ではない。

自分の体をテキストとし、自分の生命、即ち神が輝く行いが出来ているかを見極めること。自分の内なる神、即ち生命を学ぶこと。

その行いとは、ヨガのポーズを指すのではない。

食事は?睡眠は?お掃除は?歩き方は?言葉使いは?思考は?、、、etc

それらを生命が輝くように行えているのか?

その観察の中で見出した氣づきは、自分を助ける智慧となる。

関わりの中で生きている私たち人間は、必ず誰かの力を借りて生きているし、他の命を頂きながら生きていること。

そう考えると、自分の力で生きているなんて奢りは無くなり、謙虚になる。感謝する。

ひとりぼっちだなんて、寂しいことも考えくなる。

他に助けられ、生かされているという感覚は、私に安心感を与える。

自ずと他に見いだす神に、お返しをしようという氣持ちになる。

龍村先生から教わったヨガは、生き方そのものだ。

そして何よりも学びになったのは、龍村先生の佇まいや在り方。

言葉や態度に誇張も偏りも無く、他を否定することも、何かを贔屓することも無く、常に中庸にある。

浮きも沈みもせず、常に平常心。

龍村先生はサラリとそんな生き方をされていますが、常にそう在ることは、実際にはとても難しいことだと、誰もがご存じの通り。

その在り方を側で見させて頂くことで、ヨガの真髄が、静かにされど深く、私に浸透していく時間でした。

沖正弘先生の言葉
「無理するな、無駄するな、続けよ」
「信じるな、疑うな、確かめよ」

これは、今の私のヨガプラクティスにおける指針にもなっています。

そして実技の講義中に、龍村先生から言われた、とても印象的な言葉があります。

「おまえは神か!」

もともと、沖先生のお言葉だそうです。

私がある行法を指示された時に、「これは出来ません、、、」とお伝えした時に言われた言葉です。

やってもいないのに、出来るか出来ないかわかるなんて、おまえは何でも知っている神様なのか?・・・と。

実際に勇気を出してやったら、結果出来たんですね。

そういうことですよね、人生って。

自分を疑わず、とにかく確かめようと思った瞬間でした。

龍村先生から頂いた教えは、現在私がお伝えしているヨガの、主軸となっております。

自分の中でふわっとした伝え方しか出来なかったものが、この学びにより、より明確にわかりやすい言葉で、表現できるようになりました。

この教えを龍村先生から学べたことは、私にとってとても幸運なことでした。

龍村先生からは、養成コースの他、レギュラークラス、単発で受講できる特別講座で、学ぶことができます。☞龍村ヨガ

これからも、学び続けたいと思います。

龍村先生、ありがとうございました!
これからも、よろしくお願い致します!

関連記事