toggle
2019-02-11

お花の曼荼羅瞑想

こまよ先生による「お花の曼荼羅」のワーク

今回のテーマは「自分を愛すること」

エネルギーが大きく変わる旧正月の前日である4日からワークがスタート。今の自分に寄り添います。

翌日の新月に自分にプレゼントするお花を買い、一粒万倍日である9日にそのお花をみんなで持ち寄って曼荼羅にしました。

その日まで、毎日愛の言葉をお花にかけていきます。お花は自分自身。意識的に自分を愛する時間を持つワーク。

お花の命を頂いて行うこのワークは、いつも今の自分と向き合うことになる。

今という瞬間に起きている事は、必要だから起こること。だから何も変える必要が無い。

自分の内にある、喜びや楽しさ優しさだけを良しとして、焦りや怒りや悲しみを否定する必要なんてない。

そのままでいい。

それが許されることを私は「愛」と感じるんだ。

今に在るとき、全ては美しい。

関連記事