toggle
2019-07-07

ヨガモジ 68/365 「七」

ヨガモジ 68/365 「七」

もともとは、古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事

選ばれた乙女が、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって「棚機(たなばた)」という織り機を使って、神さまのために心をこめて着物を織り、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらうという行事をおこなっていました。

目に見えない神様の存在や、自然の力によって生かされていると認識し、感謝しながらともに暮らしていくことは、私たちの心の安定につながる氣がします。

 

パーソナルヨガスタジオ情報は ☞ コチラ

関連記事