toggle
2019-10-15

ヨガモジ 168/365 「隣」

ヨガモジ 168/365 「隣」

苦しい時があるからこそ、楽しい時を存分に楽しめる。

大変な思いをした分だけ、達成感を味わえる。

「楽しむ」という心を持つ時、同時に私たちは「苦しむ」という心を持つ。

言い換えれば、「楽しい」を存分に味わうために、「苦しい」がある。

苦楽は隣り合わせ。

関連記事