toggle
2020-03-14

ヨガモジ319/365「掌」

ヨガモジ319/365「掌」

合掌とは拝む心を体の形に変えた表現です。

仏教では、右手が仏、左手は衆生(生命のある全てのもの)を表しています。

掌を合わせることは、左右相対したものがひとつになることの象徴でもあります。

つまりヨガの語源である、「結ぶ」ということを体で表現しているのが合掌なのです。

結び合うとは、自分と他人との区別がないこと、異なった者が一つになること。

一つになるとは、互いが損なうことなく活かし合っていること。

合掌は、自らを仏(神)と結び、他の中の仏(神)を見いだし、互いを尊び拝み合う心に在り方を表しているのです。

 

鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ情報

タイヴェディックマッサージのご予約はこちらから

関連記事