toggle
2021-05-17

終わりと始まり

は何かが終わりを告げる時
何かが始まりを迎える

北参道のスタジオに
お花の曼荼羅を捧げて
感謝のお祈りをして、
その場所を後にした。

明治神宮の森が目の前にあって
いつだってそのエネルギーに支えられ
来てくださったお一人お一人に、
自分を捧げた場所。

なんて素晴らしい場所を与えられていたんだろうと思う。

奇しくも、2年間という時間をかけて学んだ、大事な大事なご縁のあるマントラのクラスも、このタイミングで終わりを迎えた。

全てが「そこ」から生まれ、全てが「そこ」に戻っていく。その存在とともに在るために唱えるマントラ。私を源へと戻してくれたマントラ。

そのマントラを先生とともに、この場所で最後に唱えることができたのも、とても嬉しかった。

マントラの学びの大きな一章が完結したように感じた。

この場所を手放すことによって、私のお役目の1つが終わりを迎えた。
と同時に、新しい役割が始まっていることもひしひしと感じる。

大きな学びが終わったと同時に、新しい学びがスタートした。

これからの私のお役目にきっと必要で、神様の計らいで、絶妙なタイミングで今、これを学ぶことになってるんだろうなと感じる。

楽しいや嬉しいだけの人生ではないけれど、それでも幸せだと言い切れる「今」を、とても有り難く感じます。

これから先、全てのご縁の中に、光を見出せる私でいることが出来ますように。
自分に与えられる役割を、喜びとともにまっとうすることが出来ますように。

関連記事