toggle
Blog
2019-09-03 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 126/365 「過」

ヨガモジ 126/365 「過」

苦い思い出、過去を、毒とするのか薬にするのか

やらない言い訳にするのか、進む糧にするのか、

それは自分次第

2019-09-02 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 125/365 「食」

ヨガモジ 125/365 「食」

食べるということは、それが肉であれ野菜であれ、命を頂くということです。

私たちはみんな、他の命を頂いて生きています。

自分だけの力で生きている人は一人もいません。

他から頂いた命の分、自分の命を他のために使おうという気持ちを忘れずにいたいです。

2019-09-01 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 124/365 「然」

ヨガモジ 124/365 「然」

真っ白のTシャツを真っ白にキープするのはとっても大変で手間がかかります。

それと同じように、自分を本来の状態、自然の状態でを保つには、手間がかかります。

環境、経験、人から言われたこと、なんかが要因で、私たちにはすぐ色がつくのです。

その色を取り除く努力を、ヨガではタパス(修練)と言います。

自然体、あるがままってのには、修練が必要なんですね。

2019-08-30 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 112/365 「鏡」

ヨガモジ 112/365 「鏡」

自分を映す鏡

その鏡が歪んでいれば、当然自分が歪んで見える

その鏡が曇っていれば、当然自分が曇って見える。

その鏡を通して世界を見たら、世界は曇って見える。

でもそれは自分が歪んでいるのでも、世界が曇っているわけでもない。

鏡が曇っているだけ。

その鏡を曇らせるものは、自分の我(エゴ)、価値観、ものの見方。

神社には、鏡が多く祀られているのは、自分の中にある神様を、私たちが自覚するため。

かがみの真ん中の文字を取ると、かみになる。

自分の中にある神様を真っ直ぐに見ることが出来るように、鏡をピカピカにしておきたいですね。

2019-08-29 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 121/365 「口」

ヨガモジ 121/365 「口」

言葉はとても力のあるもの。

良く切れる剣のように、それを使って誰かを守ることもできれば、傷つけることもできる。

口から音として放った剣は、もう引っ込みがつかない。

だからこそ、自分が生み出したいと願っているものが生み出せるように、丁寧に言葉を紡げる自分で在りたいと願う。

2019-08-28 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 120/365 「互」

ヨガモジ 120/365 「互」

どんなに気をつけていても、誰にも面倒をかけずに生きていくことは難しい。

ならば、はじめからちゃんと人の力を借りて、そのお返しに自分も人を助けるよう生きていく。

誰にも迷惑かけないように一人で歯を食いしばるより、支え合うほうがお互いにとって豊かな氣がします。

1 2 3 4 5 6 7 8 63