toggle
Blog
2019-09-17 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 140/365 「救」

ヨガモジ 140/365 「救」

「救われる」ということは、自分が困った時に、自分の都合の良いような状態になることだと私たち思ってます。

だけど、物事はなるべくしてなります。

自分を粗末に扱えば、粗末に扱ったように、大切に扱えば、大切に扱ったように、心地良い自分になります。

この事実を受け止め、自らを振り返り、誤った行動を改めることが、どうやら「救われる」ということのようです。

自分のことを救えるのは、どうやら自分のようです。

救われる努力をしない人は、他を頼っても救われません。

人頼み、神頼みは、自らの努力をした後です。

2019-09-16 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 139/365 「敬」

ヨガモジ 139/365 「敬」

本日は「敬老の日」

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日。

沢山の経験を重ねてきた方のお話してみましょう。

今の自分のヒントになるかもしれません。

自然に敬ってもらえるような、歳の重ね方をしたいものですね。

2019-09-15 | ニュース, Blog

ヨガジャーナルムック本が発売しました!

ヨガジャーナルよりムック本が発売になりました。

鈴木伸枝が監修したトピックも掲載されておりますので、是非お手にとってみて下さいませ。

恩師 龍村先生取材

とても嬉しい日

ヨガジャーナルオンラインにて、龍村先生の取材をさせて頂きました。

現在私のヨガ指導の根幹に、龍村先生の教えがあります。

龍村先生は、戦後日本におけるヨガの草分け、代表的指導者である沖正弘先生の元でヨガを実践し、私が生まれる前からヨガ指導者として、活動されています。

奈良時代から日本を土壌とし、日本人の体や文化、感性に合ったヨガが発展してきました。

龍村先生は、そんな日本で発展したヨガを伝え続けている先生です。

今回の取材は年末に向けての断捨離がテーマ

断捨離という言葉は、お釈迦様の教えである「断行」「捨行」「離行」から着想し沖先生が提唱された言葉です。

どうやって物や人への囚われ、執着、偏りを無くしていくのか、龍村先生にお話して頂きました。

10月半ばよりアップ予定です。

お楽しみに!

龍村先生の養成講座の無料説明会が行われます。

これを受講されるだけでも勉強になるかと!

お時間ある方は是非ご受講くださいませ☺︎

日時:2019年9月26日(木)15時半~17時

会場:龍村ヨガ研究所 東中野教室 東京都中野区 東中野 4-9-1 第一元太ビル4F

※詳しい道順

☆申し込み:お申込み制です。

下記連絡先へ「お名前・連絡先」をお知らせください。

メール osamu.tatsumura@gmail.com

※インストラクター養成講座について、下記URLを御覧ください。

http://www.tatsumura-yoga.com/swfu/d/tokyo_tt_2019010.pdf

2019-09-15 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 138/365 「謗」

ヨガモジ 138/365 「謗」

謗るという行為は、上を見上げて唾を吐きかけるようなこと。

攻撃しているように見えて、自分の唾で自分がどんどん汚れていくのです。

謗ることで何を得ることができますか?何を生み出すことが出来ますか?

悪口を言う前に、冷静に考える癖をつけてみる。

2019-09-14 | ヨガモジ, Blog

ヨガモジ 137/365 「誹」

ヨガモジ 137/365 「誹」

出る杭は打たれる。

誹謗中傷は、目立ってなければ受けません。

人から誹られた時には、「おっ!自分の活動が世に届き始めたぞ!」

とルンルン気分でスキップ♪

1 2 3 4 5 6 7 8 66