toggle
Blog
2018-01-28 | 日々のこと, Blog

「自我を手放す」とは

私の大好きな「PLANETARY」という映画の中に、こんな話が出てきます。

「私たち人間の体の中で、人間由来の細胞は10%、その他の90%は細菌などの有機体である。」

体を科学的にみても、私は1つの個体ではなく、あらゆる生命の集合体なのです。

私=世界 (人によっては宇宙とか神という言葉で表現しますね)であり

私の幸せ=世界の幸せ

となるのです。

ヨガや仏教でいうところの、自我の手放しとは、自分を無くすということではなく、今「自分」と思っているものから、もっと視野を広げた大きな自分への、認識のシフトなのだと思います。

その認識が腑に落ちると、自分が喜ぶことをする事が、世界を喜ばす事であり、また世界のために生きる事が、自分のために生きることになります。

私の場合、小さな自分を認識している時は、自分がどうにかしなきゃ!自分が失敗したらどうしよう!なんて心配になったり、力が入りすぎたりします。

大きな自分を認識できている時は、肩の力がすっと抜けて、なんだか安心するのです。

大きな自分を認識している時は、成功や失敗という小さい価値観よりも、認識している大きな存在に、ありとあらゆる現象を委ねることができるからなのだと思います。

不安や恐れがある時は、私の場合「自分」という存在を小さく見積もって時のようです。

皆さんは、どうですか?

 

鈴木伸枝スケジュール情報

1/24 nobuestyle yoga theory lesson レポート

昨日はnobuestyle yoga theory lessonでした。

とっても寒い中、お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

前半の学びの時間では、下記の質問が出ました。

・安楽座を安定させる方法

・キャット&カウの動きの深め方

・背中の筋肉を鍛えるためには?

・安楽座の安定

内転筋の短縮により、膝が床から離れていると、どうしてもお腹から太ももにかけて、力が入ります。関連部位のマッサージで内転筋を緩める方法をお伝えしました。

もう一つの理由として考えられるのが、丹田の意識、腹筋群の意識が足りないこと。

これはエクササイズで筋を目覚めさせる方法をとりました。

他にも理由は考えられますが、この2つのアドバイスで、大分安定して座れるようになりました。

・キャット&カウ

骨盤の前傾後傾の意識をまずはつけました。

動きが悪いところは、ペアで拳でトントン叩いて緩めると、それだけで動きは良くなります。

ペアで1人が乗っかってやるというのも、体の使い方がよくわかる優れた方法です。見た目は面白いですが

・背中を鍛えるためには?

というところだったのですが、これはクライアントとの、コミュニケーションの取り方の話に発展しました。

質問された方は、じぶんのクライアントから、背筋を簡単に鍛えられるぽーずを教えて欲しいと言われたそうです。

そのクライアントの状態は、背中が固くて、少し反っている姿勢だそうです。

となると、必要なのは背筋を緩める、腹筋を鍛えることです。

クライアントが、自分にとって必要なものを勘違いしているという事は、良くある事です。

なので指導者は、クライアントの言う事を鵜呑みにする前に、目の前にいるクライアントの状態をみて、必要なものを判断する必要があるんですね。

時にはこんな話も交えて、レッスンが進んでいきます。

後半は、骨を意識して、エネルギーのを流れを作ろようにヨガレッスンをしていきました。

必要としている人に、必要な智慧が届きますように。

来月は来月は、2/21(水)夜、2/22(木)午前中、2/25(日)午前中で開催です✨

ご予約は こちら から

1/20 yoga theory lesson レポート

今日はtheory yoga lesson開催日でした。

学んで動く2時間レッスン

今日の質問は

・腰の痛み

・股関節の柔軟性の左右差

・膝の痛み

でした。

腰の痛み、股関節の柔軟性の左右差に関しては、関連部位をマッサージして改善していくという、沖ヨガメソッドをご紹介しました。

膝が痛みには、まずニーイン(膝が内側に入り負担がかかる動作)していなかをチェック。

8割の方がニーインの動作が確認できたので、動作修正のためのエクササイズを入れていきました。

これは体の使い方の癖の修正になるので、一朝一夕で改善するものではないので、時間をかけて意識していきたいですね。

身体を確認させて頂いたら、太ももの前側がとてま張っていたので、それも膝が痛い理由の1つの可能性があったので、ペアワークでマッサージしました。

太ももの前が張っている人は、太ももの裏を使えていないことが多いので、太ももの裏を使う身体の使い方の実習も行いました。

痛みの原因は、一概にこうとは決めることが出来ないので、触ってみて前後の体の変化を確認して、原因を絞っていきます。

大体の場合は原因は1つではなく、複数の要因が重なっています。

解剖学の知識をもとに仮説をたてていきますが、そこからどんな動きが自分を快適へと向かわせるのかは、自分の感覚が頼りになります。

自分を知ることで、自分で不具合のでない体へ自分が導くことが出来ます。

何をやったらどんな変化が出るのか。

動きながら体に耳を傾けててくと、自分に今何が必要なのかを知ることができます。

その感度は、回数を重ねることで増していきます。そして集中力も増していきます。

身体を動かすだけでもエクササイズの効果は出ますが、ヨガの智慧はもっともっと深いのです。

せっかくヨガをやるのであれば、なんなとなく身体を動かすのではなく、意識を自分に向けて、自分を知っていく時間にして頂きたいです。

次回は2/24(水)19:30~21:30

まだ残席ありますので、お時間ある方、ヨガをしっかり学びたい方は、是非お越し下さいませ。

https://nobuestyle.official.ec/

写真は「今の感じを表現して」での1枚です。

人それぞれでいーかんじ。

皆様のヨガの時間が、自分と仲良くなる優しい時間となりますように。

2018-01-19 | ニュース, Blog

ヨガインストラクターのためのムック本取材

今日はヨガジャーナルのムック本の撮影でした。

良いヨガインストラクターになる為には?という、内容で纏められた一冊。

現在活躍されているヨガインストラクターの先生方が、どのような軌跡をたどり、現在に至るのか、というなんとも興味深い内容です。

僭越ながら、私もその一人として、取材をして頂きました。有難いです。

私のしてきた経験、考え方が、「ヨガを伝えていきたい」という方の力になれたら、こんなに嬉しいことはありません。

私も他のインストラクターの方がどんな活動しているのか、氣になるので、今から発売日が楽しみです。

2/20発売予定です!

鈴木伸枝 スケジュール情報

2018-01-18 | ニュース, Blog

ファッション雑誌cancamにて、ヨガアーサナご紹介

またまたご報告が大変遅くなったのですが、ファッション雑誌cancamのオンラインバージョン、cancam.jp にて、ヨガのアーサナをご紹介させて頂きました。

目的はダイエット!

お時間ある時に、ご確認下さい☆

鈴木伸枝スケジュール情報

yogajurnal onlineにて パーソナルヨガスタジオの紹介をして頂きました

自分のスタジオを出したくて、Googleで検索したら、yogajurnalonlineの記事が出てきました。

前にパーソナルヨガスタジオの取材をして頂いた記事が、onlineにもupされていたんですね。

有難い(T ^ T)

素敵な記事に纏めて頂き、本当に嬉しかったです。
皆様も是非お時間あるときにご覧になって下さいね。

yogajurnalの皆様、いつもありがとうございます!

鈴木伸枝スケジュール情報

1 64 65 66 67 68 69 70 71 72 85