toggle
2017-12-12

ヨガインストラクターの役割

私の思う私の役割。

ヨガのインストラクターというのは、サポート役であり脇役。

クライアントが、自分が主役でイキイキ生きていくための、サポート役。

先生がいるから、快適になる、イキイキできる。

ではなく

自分の力で、自分を生かせる、快適にできる。

という感性を身に付けるまでの、補助輪みたいなものなのかなーと。

手取り足取りしすぎずに、方向性を指し示し、自分の足で歩いてもらう。

自分で判断できるように、感覚に意識を向けてもらい、色んな質問を投げかける。

補助輪役をしつつも、いつかその補助輪を外して、自分の力で進めるところを目指して、導くことが、私の役割だと思っています。

 

 

鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ情報

関連記事